ケトン食の理論とエビデンスと実践法を解説するサイトです。

エネルギー産生と物質代謝の基礎
ケトン体・ケトン食とは
ケトン食の抗がん作用:理論
ケトン食の抗がん作用:基礎研究
ケトン食の抗がん作用:臨床研究
メタボリック症候群とケトン食
神経変性疾患とケトン食
ケトン食の実践法
ケトン食の効果を高める薬とサプリ
代謝をターゲットにしたがん治療
Last Update 2016. 11.26

◇ 糖質摂取を減らし脂肪酸の燃焼を促進すると様々な病気が治る!:

糖質の多い食事を続けていると、肥満や糖尿病、メタボリック症候群、がん、アルツハイマー病などの発生リスクが高まります。
食事からの糖質摂取量を減らし、脂肪酸の燃焼を促進してケトン体の産生を増やすと、多くの疾患の予防や治療に有効であることが明らかになっています。
このサイトでは、糖質の摂取が多いと病気が増える理由や、ケトン体の産生が増えるとがんや神経変性疾患が良くなる機序を解説しています。
ケトン食を実践する上で必要な理論や役立つ知識やトピックスなどを紹介しています。

 

トピックス

○ Starving Cancer: Ketogenic Diet A Key To Recovery (米国のCBNの番組でがんとケトン食のことが紹介されています)
○ Nontoxic Cancer Therapy Proves Effective Against Metastatic Cancer
  (ケトン食と高圧酸素療法の組み合わせが転移したがんに有効という記事です)
○ 寿命を延ばすがん治療:2-デオキシ-D-グルコース+メトホルミン+ラパマイシン+ケトン食
  (ケトン食の抗腫瘍効果と寿命延長効果を高める方法です。がんとの共存を目指しながら長寿を全うする方法です)
○ ケトン食は骨髄由来抑制細胞の働きを抑制する
○ ケトン・サプリメント:KetoCaNa
○ ケトン食と『がんの酸化治療』:酸化ストレスを高めればがん細胞は自滅する
○ 代謝をターゲットにしたがん治療

○ Targeting Cancer Cell Metabolism: Nature Video

文献紹介

○ Targeting insulin inhibition as a metabolic therapy in advanced cancer: A pilot safety and feasibility dietary trial in 10 patients.(進行がんに対する代謝治療としてのインスリン阻害を目指す治療:10例のがん患者を対象にした安全性を妥当性を評価する予備試験 (Nutrition 28(10): 1028-35, 2012)
○ Restricting carbohydrates to fight head and neck cancer—is this realistic?(頭頚部がんの治療における糖質制限は現実的か?)Cancer Biol Med. Sep 2014; 11(3): 145–161.
 
 
 
 

「ブドウ糖を絶てばがん細胞は死滅する!」 今あるがんが消えていく「中鎖脂肪ケトン食」

福田 一典 著 (銀座東京クリニック)
彩図社 2013年  価格:1400円+消費税
ISBN978-4-88392-903-0 C0047 192頁

ケトン体を高める食事ががん細胞を死滅させる理由を解説しています。(詳しくはこちらへ

「がんに効く食事 がんを悪くする食事」

福田 一典 著 (銀座東京クリニック)
彩図社 2013年  価格:1400円+消費税
ISBN978-4-88392-944-3 C0047 192頁

がんを予防するため、すでにあるがんを悪くしないためにはどのような食事をすべきか。食事ががんに与える影響を解説しています。 (詳しくはこちらへ